情報商材を安心して購入するために

<< 前の記事「情報商材って?」

 

さあ、ネットで稼ぐ為に情報商材を購入してバリバリ実践するぞ。
気に入った情報商材も見つかったし、いざ購入!

buy.jpg

と、いきたいところですが・・・

 

インターネットで買い物をするのは初めてだし・・・
やっぱ、クレジットカードとか使うのかな?・・・
カード番号入力して個人情報とか、なんか心配だな・・・

 

そんなネット初心者のあなたが安心して購入できるように買い方の基本 についても押さえておきましょう。情報商材を購入する時って、アフィリエイターのブログから商品をクリックしても、実際はインフォトップなどのASPの購入ページで決済することになります。

 

で、買う方法は、通常のネットショッピングと同様、おおかた次の3種類から選べます。

 

A) 銀行振り込みで買う
B) クレジットカードで買う
C) プリペイドカード(ビットキャッシュ)で買う ← オススメの安心な方法

 

まず、

A) 銀行振り込みで買う方法 ですが、

 

これが最も原始的な方法ですね。が、実際に銀行へ振込みに行ったりと、どうしても 不便 であることは否めません。

 

入金が販売者に確認されるまで購入手続きが完了しませんので、ネットで注文してから実際に情報商材がダウンロードできるようになるまで、時間がかかってしまうというデメリットがあります。

 

次に、

B) クレジットカードで買う方法 ですが、

 

これが一番便利な方法ではあります。現在では、インターネットの セキュリティ(安全性)の技術もずいぶんと高くなりました。

 

入力した情報は完全に暗号化され、もちろんカード番号などは、
販売者にも見えないしくみ になっています。ネットショッピングに慣れている人は、もうほとんど躊躇なく、クレジットカードを使われるでしょう。

 

とはいえ、
やっぱり、カード番号を入力するのはちょっと抵抗が・・・
というあなたには、次に説明するビットキャッシュ決済が安心です。

 

 

C) ビットキャッシュで買う方法

 

bitcash.jpg

ビットキャッシュ とは、言ってみればプリペイドカードです。セブンイレブンやローソンなどの一般のコンビニに置いてある専用端末で簡単に購入できます。

 

金額は自由に指定できますので、必要な分だけ購入してもいいし、日頃のネットショッピング用に多めに購入しておいてもいいかもしれません。

 

実際、コンビニでビットキャッシュを購入すると、
こんな感じの カード(紙のシート) をレジで渡してもらえます。

bit.jpg

 

ここに個別のプリペイド番号ってのが記載されていて、この番号を使ってネットで買い物ができるのです。

 

ビットキャッシュの残高が、20円とか30円とか中途半端な状態で残った場合は、また次に新しいビットキャッシュを購入した時に、そちらに残高を移動することもできます。(残高の移動は、パソコンで簡単にでできる)

 

このビットキャッシュは、ネット上の様々なショップで利用できて、クレジットカードと同じように即時決済できるので非常に便利です。その上、このカードは 個人情報 が一切含まれていない、いわゆる使い捨てカードなので、とても安全なのです。

 

こんな決済方法も知っておくと、ネットでより安心してお買い物ができるかと思います。

 

ちなみに、私が情報商材を買うときは、この ビットキャッシュ を利用しています。

 

 

line.jpg

【はじめてのアフィリエイト】の記事一覧へ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ